JAS認定有機野菜・有機米・宅配・通販:RDR有機ファーム(滋賀県犬上郡)

HOME >  RDR有機ファームご案内  > おいしいお米の実るまち

おいしいお米の実るまち

おいしいお米の実るまち

“ハーブの恵”のふるさとは、びわ湖(滋賀県)の東部に位置する多賀町です。私たちの町には、アマテラスの尊の両親であるイザナギ、イザナミの尊をまつる多賀大社が鎮座します。また、その背景には神秘に満ちた山河が広がり、豊かな自然と古い歴史文化が今に息づいています。

“ハーブの恵”が育つ田園は、古く奈良時代に奈良東大寺の荘園が開かれ、その昔より良質のお米がとれる所です。この一角にRDR有機ファームの農場があり、ハーブの恵を栽培しています。また、ここには荘園の時代より根付く「飯盛木」と呼ばれる樹齢1300年のケヤキの老樹が2本、神秘に満ちた姿でたたずんでいます。(滋賀県指定特別天然記念物、全国26位の大樹)「飯盛木」とは“飯を盛る木”すなわちシャモジを作った木なのです。 お米の本場を象徴する木として、地域のみなさんに親しまれています。

  • おいしいお米のとれる田んぼ

    おいしいお米のとれる田んぼ

    それは安心・安全を生み出す清らかな環境!
    珍しい絶滅危惧植物が大発生


    私は2007年5月、代かきを行なった田んぼの水面全体にイチョウウキゴケが大量発生しているのを発見、この浮き草は、環境省のレッドデーターブックで絶滅危惧\x{fffd}T類に指定されている珍しい植物です。さらに7月には同じ田んぼでサンショウモが自生しているのを見つけました。当植物は、環境省レッドデーターブックで絶滅危惧II類に指定されていて、今日では容易に見られなくなった植物です。

    私は長年の有機農業の継続によって、水田全体が清らかになり4、50年も土中で眠っていた種が目を覚まして姿を現したのだと思っています。古老の話ではこの2種類の珍しい植物は、水田除草剤を使う前までは、よく見かけたそうで、これが長年の間、有機農業を続けたことによって、水田全体が清らかになり4、50年も土中で眠っていた種が目を覚まして姿を現したのだと思われます。私は、このことによって有機農業が壊れてしまった自然環境の再生と、安心・安全な農産物の生産によって、人々の健康を維持するための中心的役割を果たすものであることを強く自覚しました。

  • 多賀大社 大田楽

    多賀大社 大田楽

    10月28日・・・多賀大社造営竣工記念祭において、大田楽が奉納されました。田楽とはごこくほうじょうを祈願する芸能で、50~60名の若者が平安時代そのままの華やかな衣装で、太鼓、笛、ささらの演奏とともに大乱舞を繰り広げた。

有機米の宅配なら

RDR有機ファームの通販では、豊かな自然で育てた有機米を販売しています。農薬や化学肥料を一切使わずに育てた有機栽培米宅配にてお届けいたします。安心・安全のおいしいお米をお求めなら、RDR有機ファームの通販をご利用ください。また、定期購入も承っております。「毎月の価格が知りたい」など、ご不明な点があればお気軽にどうぞ。有機米をはじめ、人気の有機野菜、バラの実、スペアミントなどのこだわり商品を通して、健康維持のお手伝いができれば幸いです。