JAS認定有機野菜・有機米・宅配・通販:RDR有機ファーム(滋賀県犬上郡)

HOME >  RDRのこだわりと特徴  > ハーブの恵 誕生物語

ハーブの恵 誕生物語

  • キャベツの青虫は食われるのに、そばの雑草はなぜ食われないの?

    キャベツの青虫は食われるのに、そばの雑草はなぜ食われないの?

    私のおやじはおふくろと一緒に、毎日まいにち野菜づくりに励んでいました。夏になると一生懸命に育てたキャベツが、青虫に食われ困り果てていました。
    ある日息子はキャベツ畑をのぞきに行きました。
    (写真は青虫の食害を受けたキャベツ)

    「なんとキャベツが穴だらけにされとる。こりゃおやじがなげくはずだわ」
    「あれっ!おかしいぞ!キャベツの上には青虫がいっぱいいるのに、横に生えている雑草には一匹も青虫はいないぞ」
    「不思議だな・・・やっぱり青虫は甘いキャベツは好きで、まずくて人の食わない草は、食べよらんのと違うやろか?」
    「きっと、そうかもしれん」
    「一度、草の汁を絞ってキャベツにまいてみたろか」
    「きっと、にがい草の汁をキャベツに振りかけてやったら、青虫めは嫌がって逃げてしまうかもしれん」
    この発想が後に息子の人生を変えるようなきっかけとなり、デザイナーである息子の体の中に農業の細胞がどんどん増殖し始めました。

  • 未来への新たな兆し

    ある夏の朝、息子は薬草から取り出した液を、キャベツの青虫にふりかけ、その日の夕方に再び畑に行ってみると、思いもよらないことが起こっていました。朝にはキャべツの上をはいまわっていた、小指の大きさほどの青虫が、しぼんだ風船のようにダラリとして動かなくなっていました。小枝でつついても青虫の体はブヨブヨで動かず死んでいました。

    「おぉ!死んでる!死んでる!とうとうやったぞ!」
    この日の感動は、息子にとって忘れられないものとなりました。この新たな発見は、デザイナーである息子の探究心をますますかきたて、薬草を使って人々の健康を守る野菜や米づくりの方法をデザインしようと思い没頭し始めました。そんなある日、息子の頭にひらめいたのが“ハーブ”なのです。息子は以前から仕事のイライラや疲れを癒すため、自分でハーブを育てハーブティーを飲んでいました。

    そこで感じたことは、
    「ハーブの種類の除虫菊は、蚊取り線香に使われているし、ペパーミントは強いハッカのにおいで虫を寄せ付けん」 「ハーブは自分を守るために、虫を寄せ付けない香りを自分自身が自然と持っているんや」
    「畑や田んぼの周りにハーブを植えたら虫を防げるはずやし、ハーブの有効成分を抜き取って稲や野菜にまいたら効くかもしれん」と思いつきました。

  • 試行錯誤1

    後にこの発想が息子の人生を大きく変えるきっかけとなり、彼の名前が全国に知れ渡るという幸運に恵まれ、本業のデザインも服の絵を描くデザイン屋から、まちの未来を創造するまちづくりのデザイナーへと移り変わり、軸足を農業と農村づくりに置いて、活動が活発化していきます。 1995年6月より息子は、ハーブの抗菌作用や殺虫作用の効果を想定して、米の無農薬栽培の実験に取り掛かりました。この動機は「百姓であるなら農薬を使わない安全で、よりうまい米を自らが作って、これを食べるのが最高の贅沢である」という息子の持論から始まり、この年の田植えが過ぎ、小さな苗が大きく育ち、人間で言えば小学4年生となり幼さが消え、ようやくたくましさが感じられる頃より、ハーブから抜き取った液を苗の葉に振り掛けたり、その液を米ぬかに浸み込ませダンゴにして田んぼに投げ込むと言う方法で実験を行った。実験の場所はあぜ際4列の手の届く範囲の苗の列で、たとえ実験に失敗して苗が枯れてしまっても、大きな被害が出ずオヤジに怒鳴られない程度の部分で行った。

    大胆な息子でであるが、とても田んぼ全体で行う勇気はなかった。しかし、こんな小規模の実験であっても、朝に振り掛けた液が濃すぎて、苗が枯れてはいないかと気がかりでならず、昼食後には田んぼへ走って様子を見、また、夕刻にも再び田んぼに急ぐということが、稲刈りをするまで繰り返されたのである。米づくりは1年に1回の作業であるため、実験期間は田植えから刈取までの4ヶ月に絞られるため、この間に数々の実験メニューをこなさなければならず、真夏の炎天下でも作業を続け、おかげで真っ黒に日焼けして、デザイナーである息子がこのようなことを行っていることを知らない友人たちからは、「ゴルフ焼けかい、結構な身分だね」とからかわれるありさまであった。

    この年は毎年7月中旬から8月中旬の間に、村で恒例的に行われる水稲一斉共同防除と呼ばれている農家総出の稲への農薬散布を、実験田では辞退して実験効果をうかがってみたが、この田んぼでは害虫や病気が特に発生したという結果は見られなかったし、収穫量への大きな影響も出なかった。そして翌年からは1枚の田んぼ全体を使っての実験が始まり、その年もさらに翌年も翌々年も順調に実験は進み、10a当りのキヌヒカリの収穫量は540kg前後の通常の収量を確保した。

  • 試行錯誤2

    1998年。これまでの実験の成果に更にハーブのエキスで発酵させた米ヌカ堆肥を新たに基肥に施した。やがて8月稲穂が稔りだすと周りの農家から「今年の田はよう(良く)なったなぁ」と褒められ、お盆を過ぎには「今年はようけ(沢山)とれるでぇ」と言う言葉をあちこちからいただいた。息子自身も穂をつぶさに見て、まるまると太った籾粒が最大限に膨らんで、籾殻が割れ中の米粒が露出している籾粒を見つけて驚いていた。そして9月、いよいよ刈り取りを始めると、コンバインのエンジン音が普通でなく重苦しく聞こえる。

    これに気づいた母親は、
    「機械がえらがってる。もっとゆっくり刈らんと機械が詰まってしまうでぇ」
    と、興奮した声で怒鳴っている。籾の量が多いので不通のスピードで刈り取っていても、機内が籾であふれ、エンジンに負荷がかかりすぎて、エンジンがうめき声をあげているのである。刈り取った籾を持ち帰って乾燥機に入れても入りきらないので、やむなく昔ながらの天日干しで乾燥する。

    そして籾摺り、通常は30kg袋で20袋も摺り終えると大豊作なのに、この年は24袋、25袋、26袋となっても、籾摺機から玄米が出てきて止まることなく27袋となり、ついに28袋を突破して、ようやく玄米の出が止まった。なんと14俵どり(10a当り840kg)記録破りの大々豊作である。

    母親は、
    「我が家でこんなに米がとれたのは生まれて初めてゃ」
    「死んだお父さんがとらしてくれやったんゃ」
    と、大感激しました。息子は、この思いもよらぬ大豊作により大いに自信をつけ、更なる挑戦心に燃え立つことになりました。

  • 更なる前進

    更なる前進

    1999年。21世紀の幕開けとともに息子は、米の栽培方法をたねもみの消毒殺菌剤や育苗農薬、水田害虫防除剤、それに水田やあぜの除草剤を一切使わず、これらの化学合成農薬をハーブに置き換えて、完全な無農薬栽培に切り替え、ハーブの効果を探る実験を開始した。

    その第一歩は、種モミの消毒を農薬を使わずに60度の温湯を使って行うという、初めての体験である。湯温が60度を超えると種モミは炊けてしまって発芽しなくなるため、温度計と時計をにらみつつ恐る恐る慎重に10分間お湯に浸した。この結果が吉となるか凶とでるかは、出たとこ勝負の賭けで運を天に負かすしかない一発勝負である。その後冷水に3週間漬け込み、これを一気に30度のぬるま湯に一晩漬けてやると、種モミは寒い冬眠の季節から急に温かい春がやってきたと感じて芽を出せば成功である。

    明朝、祈る思いで種モミを入れた網袋を引き上げてみると、
    「出てる出てる白い芽が出てる」
    「種さん、種さんありがとう。よくぞ生きていてくれたネ!」
    息子は、全てのモミ粒から極小の真っ白いトゲのような芽が、いっせいに突き出ている姿を見て、わが子の誕生の時と同じように感動したのである。

    その次の壁は、殺菌剤を使わずに苗立ち枯れ病を防いで健康な苗をいかにして育てるかである。この問題を乗り越えるのに滋賀県農業普及センターの田中さんや常喜さんが応援してくれ、プール育苗のテクニックを教えてくださった。この方法は角材で作った大きな額縁のガラスの替りに農ポリを張った簡易プールに水をため、この中に3cmの背丈に育った苗箱を沈め、水で空気を遮り空中に浮遊する苗立ち枯れ細菌が、水中の苗の根に付着する事を防ぎながら苗を育てる技術である。