JAS認定有機野菜・有機米・宅配・通販:RDR有機ファーム(滋賀県犬上郡)

HOME >  RDRのこだわりと特徴  > 有機野菜『健康づくり』効果

有機栽培『健康づくり』効果

  • 『医食同源(いしょくどうげん)』ということば

    「食」(たべもの)は「医」(病を治す)の根源であるということで、食(たべもの)は最も大切な最良の「薬」であるという意味・・・中国から伝わった古い言葉  一般野菜は化学肥料や農薬を用いて栽培することから、これらの化学物質は人のカラダに何らかの影響を与え、ガンや脳梗塞などの病気の原因ともなりますが、有機野菜は化学物質の汚染がなく、それに栄養価が高く、今日では人々の健康に欠くことのできない緑の薬と言えるものです。

現代人の健康を脅かす恐ろしいもの
活性酸素
  • 有機野菜が活性酸素を抑える効果

    野菜

    活性酸素とは、我々が呼吸する酸素の一部が変化したもので、農薬や添加物などの化学物質が原因で体内の細胞や組織などを酸化させ鉄サビのように変えてしまいます。
    これがシミ、ソバカス、しわ、白内障、認知症、肩こり、冷え性等の老化現象や、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、高血圧、肥満症、痛風などの生活習慣病、さらにはガンなどの原因となります。
    これらの病気を引起す活性酸素を減らすのに、野菜に含まれる、ビタミンC、E、フラボノイド、カロチノイド、ポリフェノールが有効にはたらくそうです。このため、有機野菜を薬としておいしく食べることが健康生活の支えとなります。